作家から選ぶ

  1. ファンタジーと現実。色々な気持ちに寄り添うアート。 /​​ 絵画アーティスト​​ 武​​ 盾一郎

    Junichiro Take’s Profile 中学生時代〜20代前半は、バンドを組み音楽活動を行なう。25歳頃、バンドの解散や失恋など環境の変化をきっかけに、当時芸術大学に通っていた妹のすすめで絵を描き始める。

    続きを読む
  2. あの日出逢った「エウロピ」は今。 / 絵画アーティスト 今関 大地

    Daichi Imazeki’s Profile グラフィックデザインの勉強を始めたことをきっかけに、絵を描くようになる。 デザインの仕事を経て、現在は主に「エウロピ」という女性をモチーフにした作品を制作。個展の開催も行うなど精力的に創作活動を行う。

    続きを読む
  3. 絵本1冊がぎゅっと詰まったような、キュートで愛しい世界 / 絵画アーティスト飯田 麻奈

    Mana Iida’s Profile 幼少期から絵を描くことが好きだった。美術の専門学校を卒業し(中央美術学園イラスト・デザインコース卒業)、現在は、主に子ども向けや女性向けの印刷物、絵本などで、イラストレーターとして活躍中。

    続きを読む
  4. まるで音楽のように、気分に合わせて選べるアートを。 / 絵画アーティスト 佐々木 良

    Ryo Sasaki’s Profile  自宅にトールペイントの画材があったことをきっかけに、スニーカーに絵を描き始める。その後ヒップホップダンスの世界にはまり、自身のダンス教室を開くなど幅広い分野で精力的に活動する。

    続きを読む
  5. 衝撃を与えたい。様々な工夫で魅せる、空間に映えるアート。 / 絵画アーティストOCCA

    OCCA’s Profile 北海道出身。北海道芸術デザイン学校をイラストレーション専攻で卒業。在学中、武蔵野美術学院にてデッサンを学ぶ。札幌でのフリーペーパー立ち上げの経験をを経て、広告会社に就職。現在はイラストやデザインなどの仕事をしながら、自身の創作活動を行なっている。

    続きを読む
  6. 「描く」ということを説明する。親しみやすく柔軟なアート。 / 絵画アーティスト Kazuma Horie

    KAZUMA HORIE Profile大学卒業後、画材屋に就職。そこでの出会いが、小さな頃から好きだった絵をグループ展に出展するきっかけに。その後創作活動を本格的にはじめ、2011年、BankARTでの滞在制作も経験。現在は相模原を拠点に活動している。

    続きを読む
  7. 自らの支えになった「あかんぽちゃん」をみんなの元へ。 / 絵画アーティスト 清華

    SAYAKA'S Profile 美術系の学校に通っていた母親の影響や、ロシアに住んでいた経験などから、美術に触れる機会の多い幼少期を過ごした。航空系の仕事を経て、フリーランスのフォトグラファーとして活動する。

    続きを読む
  8. 「生きること」を描く。まだ見ぬ世界とエネルギーを感じるアート。 / 絵画アーティスト 眞野 丘秋

    Takaaki Mano’s Profile美術教師(日本画家)と、音楽家の母の元に生まれる。幼い頃から芸術や哲学に囲まれた環境で育った。高校卒業後、様々なジャンルのミュージシャンやアーティストと交流し、19歳でアジア各地へ放浪の旅へ。

    続きを読む
  9. 観る人を想う、ハッピーなインスピレーションアート / 絵画アーティスト 空麗愛(Kurea)

    Kurea’s Profile 元々絵を描くことが好きだったことから、18歳頃絵画教室に通い始める。その後美大を卒業し、グループ展や個展などを行いながら創作活動を行う。現在は、イメージ画アーティストとして活躍中。

    続きを読む
  10. キャッチーな色づかいと、日々進化していく技法に注目 / 絵画アーティスト シゴクカタカ

    SHIGOKU KATAKA Profile音楽活動の為に上京。楽曲制作などもおこなう中、友人に見せた絵の反応がよかったことからSNSなどに作品を公開し、本格的な創作活動を始める。

    続きを読む
ページ上部へ戻る