北川

  1. 日本の風景に魅了された昭和14年生まれのアーティスト北川欽造

    北川さんと絵画との出会いは幼少期初めて「絵」というものを教えてくれたのは父だった墨をすって、その筆先から次々に描かれるその風景や動物はまるで子供の頃の北川さんからすれば、まるで魔法のようであった。 以来、父の目を盗んでは見よう見まねで墨をすり、毎日のように絵を描いていた。

    続きを読む
ページ上部へ戻る